有酸素運動で体脂肪を燃焼

有酸素運動というのは知っていると思いますが、では具体的に有酸素運動とはどのようなものなのかというと、「酸素を使って運動する」ということです。

有酸素運動は、ゆっくりと長時間続けられる運動で、その時、体は酸素を使ってエネルギーを生み出そうとします。

有酸素運動の目的は、主に2つあります。


1.心肺機能を高める
2.体脂肪を燃焼させる

なので、ここでの話はダイエットをしてかっこいい体を作るということで、有酸素運動は2.の体脂肪を燃やすということを前提でお話しします。

有酸素運動にはさまざまなものがあります。
考えられるところでは、

・ウォーキング
・ジョギング
・自転車
・水泳
・縄跳び
・エアロビ

他にもたくさんありますが、
まずおススメしたいのは、早歩き(スピードウォーキング)です。

早歩きは、人間の体にとって、とても不自然な動作なのです。
そのため、バランスをとったりするために、余分にカロリーを消費してくれます。

また、ジョギングに比べて膝への負担が軽くなり、また上半身も動かすため、ウォーキングや自転車よりも多くのカロリーを消費します。

さらにお手軽ですしね。

有酸素運動はあまり少ない時間でも効果があまりないので、少なくとも週に3日以上、合計で2、30分はするようにしましょう。

あと、有酸素運動をすると、脳や身体の細胞にも血液がたくさんの酸素を運んでくれるため、頭がすっきりしたり、身体が活性化するので健康にも最適です。

このページの先頭へ