割れた腹筋をつくろう

腹筋を割る!

こう思って腹筋をガンガンやってる人もいるかと思います。

私もそのひとりで、以前は腹筋を鬼のように繰り返してました。

確かに腹筋を割るために、腹筋運動をやることは間違いではありません。

しかし、いくら腹筋を強力にしたところで、それを分厚い体脂肪が覆っていたのでは、せっかくの努力も表に現れることはないのです。


ぶっちゃけ、腹筋を割るだけであれば、痩せて脂肪を落としさえすれば割れるのです。

ただ、それだけでは薄っぺらいお腹になってしまうので、しっかりと腹筋をして、内側からお腹の筋肉をつけていきつつ、体脂肪を落としていくというのが、腹筋を割る近道です。

腹筋をつけると、そのまわりの脂肪を燃やしてくれる上、体幹がしっかりと強固なものになるので、他のさまざまな運動能力を上げてくれますし、その結果、カロリーを多く消費するようになります。

腹筋は回復が早いため、最初はどんどん積極的におこなってください。

特に有酸素運動をした直後は、体脂肪が燃えやすい状態となっているため、お腹の脂肪が気になる人はこのタイミングで腹筋をするように心がけるといいでしょうね。

腹筋運動をする時には、腹筋を意識しながら、有酸素運動をする時には脂肪が燃えるイメージで。

腹筋を割る!
鏡を見るのが楽しくなってきますよ~(^^)

このページの先頭へ