体脂肪を燃やす焼却炉

体脂肪燃焼のために必要な筋肉。
この筋肉をつけるためのてっとり早い方法は、たくさん筋トレをして、たくさんカロリーを取ることなんです。

たんぱく質はもちろんのこと、炭水化物、脂肪も含め、エネルギーをたくさん体に取り入れる必要があります。

よくボディビルダーが、体脂肪を極限まで落としたカットした体を作るために、まずは筋肉とともに脂肪もつけて体を大きくし、そのあと体脂肪だけ燃焼させるという方法を取っていますが、これが遠回りのようで一番の近道だったりします。

一番美しい減量の方法とは?

筋肉を付けながら、体脂肪のみを減らす。
これが一番美しい減量の方法であると思います。

ですが、これは実は人間の体の構造上、非常に難しいことなのです。

ならばどのようにして筋肉を付けながら体脂肪のみを減らすのか?

最も効率の良い方法をお話ししていきます。

ダイエットにあるタイムラグとは?

ダイエットをしている以上、体重計を使っていると思う。
私の場合、体組織計(体組成計)を使っているが、そのような方もいるだろう。

時に、不思議に思ったことはないだろうか?
体重落ちてるのに、見た目がかわらない・・・。

これは、ダイエットにはタイムラグがあるということだ。

ダイエットをしていると、まず体重が落ちる。
いきなりどかんと落ちたりする。

その後、体脂肪が落ちていく。

そして、ズボンのベルトが緩くなった、なんだかお腹がへこんだみたいだ、と実感できるようになる。

ダイエットをしすぎない

ダイエットのことばかり考えていると、けっこう疲れてきます。
常に食事を制限し続けるのって、大変ですよね?

もうバリバリのアスリートならともかく、食事制限なんてのはなかなかする機会がなかなかないですから。 なので、週に1日くらいは開放日を作りましょう。

この日一日はダイエットなんてしない。
食べたいものは食べるし、運動もしないし、体脂肪のことは考えない。

体脂肪を落とすのって、一気にがーっと落ちるものではなかなかないんです。

しっかりとやりこむと、最初はけっこうスムーズに落ちるのですが、停滞期もありますし、体脂肪が落ちてくると、体も焦り始めて、「おいおい落としすぎやろ」みたいになってくるんです。

体脂肪だけ落とすために

私の考えるダイエットのためには、筋肉を落とさずに体脂肪を減らしていく必要があります。
そのためには、1日にマイナス500キロカロリーが理想です。

これは、現在摂取しているカロリーから500キロカロリーを引いたものということです。

これだけ聞くと大変なように思われるかもしれませんが、実はそんなこともありません。

これくらいなら無理せずに取り組めます。

まず例として、食事で350キロカロリー、そして運動で150キロカロリーとします。

このページの先頭へ