メタボリックシンドローム国策

2008年の春から、メタボリック検診が始まりました。

メタボ健診は、40~74歳のすべての保険者を対象に年1回実施されるもので、健康保険組合、国民健康保険なども含まれるため、会社員だけでなく、自営業者や専業者も対象ということになります。

それにしても、なぜ国はこんなにも脱メタボリックに躍起になっているのでしょうか。


メタボリックシンドロームは、ただ単に肥満だからという理由ではなく、この肥満をきっかけにさまざまな病気のリスクが飛躍的に高まるという危険性を持っています。

国としては、そういった事実がもたらす医療費をどうやっておさえていくのかということ。

病気になる危険性を排除するため、その温室となる肥満、メタボリックをなくすことで、医療費の削減をしていこうとしているのです。

日本は世界一の長寿国であり、また他の国よりも早いスピードで高齢化が進んでいます。

高齢化が進むにつれて、病気になるリスクは高まるため、もはや、医療費が上がるのは避けられない事実であり、この医療費をどうやっておさせていくか、上がるスピードを緩やかにするかということを考えなければいけない状態なのです。

ただ、国が考えるまでもなく、個人でみても病気になるのは避けたいし、そのために脱メタボをおこなうことは必要であり、もっと真剣に取り組まなければならないと思っています。

その中で、やはり国がメタボリック検診を開始し、メディアもこぞってメタボリックシンドロームを取り上げているため、メタボリックビジネスが訪れるのは必然になってきます。

もともと、ダイエットや美容効果をアピールした健康ビジネスは以前から盛況でしたが、今後はさらにメタボリックビジネスがどんどん進出してくるだろうと思っています。

そうなってくると楽に痩せる、寝てて痩せる、運動無し、好きなだけ食べてよし、このような見出しが躍り、さまざまな商品が出てくるはずです。

しかし、太りやすい体質を変えてしまえば、そういうものは必要なく、ちょっと腹が出てきたなと感じたら、そのつどすぐに落とすことができれば問題ないのではないと私は思います。

確かに仕事で忙しかったり、時間がない人も多いでしょうから、みんながみんなそういうワケにはいかないとは思いますが、メタボリックビジネスに踊らされ、みなさんがよけいなお金を使うのは嫌なのです。

ちょっとだけ、将来に目を向けて健康な体と心を手に入れてみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ