低インシュリンダイエットで食事をガマンしない

食べずにやせる。

このダイエットは、確かに体重は落ちていきます。

脂肪も、筋肉と共に落ちていきますが、同時に基礎代謝が落ち、体力が落ち、免疫力が落ちていくのです。

ダイエットとは、体脂肪を落とすものだと考えています。

健康に痩せなければ意味がなく、太りにくい体質を形成していくダイエットをしていただきたいと思っています。


そこで、量をたくさん食べてもしっかりと体脂肪を落とすための食事法、低インシュリンダイエットについてお話します。

内容は、
血糖値の上昇スピードがゆるやかな食べ物を食べる。

血糖値の上昇をあらわす単位、聞いたことがあると思いますが、「GI値」と呼ばれている値が低いもの(低インシュリン)を中心に食べるようにします。
目安は、GI値60以下です。

食べるものは食べるが、低インシュリンのものを食べる。
これだとストレスもあまり感じず、これまで食事をガマンできずにダイエットを断念した方にも取り組みやすいのではないでしょうか。

最初は低インシュリンの食べ物がわかりにくいと思います。

こちらのサイトでも紹介していきますが、まずは自分が好きな食べ物、よく食べている食べ物から知っていくようにしてみましょう。

例えば、私は炭水化物系が好きなのですが、
炭水化物では、白いものよりも茶色いものが低インシュリンになるので、ごはんであれば玄米、そばとうどんであればそば、食パンとライ麦ぱんであればライ麦パンといった具合です。

普通に食べていたものを低インシュリンに変えてみる。
これだけでも徐々に効果を実感できるはずです。

加えて軽い運動、食事方法などを取り入れれば、体脂肪を落とす効果はかなり高まると言えます。

上手に低インシュリンダイエットを取り入れることで、食事をガマンするといったストレスから解放されたダイエットにチャレンジしてみてください。

きっと今までとは違った効果が得られることでしょう。

このページの先頭へ