たんぱく質の摂取で脂肪だけを落とす

体脂肪を効率よく燃焼させるためには、基礎代謝を上げる必要があり、そのためには脂質、炭水化物を減らしても、たんぱく質はしっかりと摂取する必要があります。

とはいっても、肉や魚をむやみに食べればいいというものではありません。

なぜなら、たんぱく質が豊富に含まれる食材には、もれなく脂質も共についてくるからです。

なので、ここでは効率の良い、たんぱく質のとりかたをお話しします。


目標は、体重×2gです。

ですが最初はきついかもしれませんので、体重×1.5gを目標に。

大事なのは、たんぱく質の質です。

ごはんや大豆、そばなどにもたんぱく質は含まれていますが、体脂肪を減らすという目的のため、動物性たんぱく質をとるようにしましょう。

一番いいのは、とりのささみ、ノンオイルのツナ缶です。

味はけっして美味しいとはいえませんが、脂質が極端に少なく、また良質のたんぱく質が摂取できます。

あと、卵の白身もいいですね。

肉に関しては、霜降り、ロースなどは避けて、ヒレ肉。

魚であれば、ブリやサバなどの脂質たっぷりの魚ではなく、あっさりとした白身魚や、カツオ、マグロなどの赤身魚。

また貝類や、イカ、エビなどもOKです。

そして、調理法もしっかりとチェックですね。
せっかく体脂肪を減らすのにいい食材を選んでも、油をどかどか使った料理ではもったいないです。

蒸す、ゆでる、煮る、焼くなどで美味しくいただきましょう(^0)

このページの先頭へ