ダイエットと脳のメカニズム

満腹になるということは、食事をした時に血糖値が上昇して、脳の中枢神経のひとつである満腹中枢が「もういいよ」と指令を出すことす。

逆に、血糖値がある一定のラインよりも下がると、「もっと食べろ」という指令が摂食中枢から発せられます。

人間の体は、このようなバランスで食生活が保たれているのです。

ところが、ダイエットで食事制限をしていると、血糖値が下がったのに食べ物が入ってこない。


つまり、いつまでもお腹がすいた状態が続くわけですが、そうなると満腹中枢は「もういいよ」と指令を出すことができず、そうなると働かなくていいわけで、動きが鈍くなってしまうのです。

反対に、摂食中枢めは栄養が足りないもんで、「もっと食べんかい」という指令をビシビシ出してきます。

摂食中枢が超働いているのに、満腹中枢はサボっている状態になるのです。

これはどういうことかというと、「常にお腹が減っている状態」になっているということです。

これでは脳は混乱してしまいますね。

その結果、食べる量が元に戻ったとしても、満腹中枢の働きが鈍っている上に、摂食中枢が「どんどん食べろ」指令を出しているので、食べる量が増えてしまうというわけです。

もちろん、リバウンドにつながることは言うまでもありません。

食事の量を減らすということは、一時的には効果があると言えますが、結局のところ以前より太ってしまうケースが多いのです。

脳をしっかりとコントロールするためにも、食事はしっかりと取りながらダイエットをしていきましょう。

このページの先頭へ