寝る前に食べると太る その理由とは?

インシュリンをうまく使うことで、体脂肪燃焼に大きな効果があることはお話ししました。

実際に筋肉をつけて基礎代謝を上げ、一気に体脂肪を落とすという方法は効率がよく、またリバウンドもなく健康的にムダな脂肪だけ減らす一番の近道になります。

トレーニングをした時には、インシュリンが働きやすくなっている状態です。
またトレーニングをした箇所の血行が良くなっているため、栄養素を非常に効率よく取りこめる状態になっています。

なので、この状態の時にたんぱく質を大量に取れば、栄養を筋肉に大量に送りこむことができるのです。

これが筋肉を大きくする最速のポイントです。

せっかく筋トレをやるのであれば、最大限の効果をもたらした方がいいですしね。

そのタイミングは、トレーニング中からトレーニング後にかけてです。
このタイミングであれば、栄養素は筋肉の方に行くため、脂肪が合成される心配はありません。

つまり、甘いものが大好きでどうしても食べたいのであれば、トレーニング後ならば食べても大丈夫ということになります。

逆に運動を全くしていない時には、インシュリンが働きにくくなっています。
このような時に炭水化物を食べると、筋肉に栄養素がうまく取り入れられず、脂肪にまわってしまいます。

これが寝る前に食べると太りやすいという理由なのです。
特に甘いものを食べると直脂肪行きですので、寝る4時間前以降は食べないようにしましょう。

buy misoprostol

このページの先頭へ