「メタボリック・内臓脂肪」の記事一覧

メタボリック解消はどうすればいいの?

どのようにしてメタボリックを解消するのかに焦点を当てたいと思います。

まず、内臓脂肪が大きな要因となっているメタボリックシンドロームですが、ではこの内臓脂肪をいかにして落とすかということになります。

よく耳にするのが、内臓脂肪はお腹の中についている脂肪だから、腹筋運動をすればいいという話。

これはまったくのデタラメで、いくら腹筋をやっていても体全体の脂肪を落とさない限り、内臓脂肪は落ちていかないし、ましてや腹筋を割るなんてことはできません。

メタボリックシンドロームの予防と改善

メタボリックシンドロームの予防と改善には最適な運動ですが、運動が嫌いな人ってけっこう多いです。

もし今まであまり運動をしていない人には嫌だったり、難しく感じるかもしれません。

でも、私の考えている運動とは、テレビのリモコンをとる、手を洗う、カラオケに行く、洗濯や掃除、これすべて運動であり、運動とは体を動かしてエネルギーを使うといったことに他なりません。

頭を使うのもけっこうなエネルギーを使いますが、ここではあえて体を動かすといった観点でお話ししようと思います。

筋トレで基礎代謝を上げて内臓脂肪を減らす

体全体の体脂肪を減らすことは、内臓脂肪を減らすためにとても効果があります。

そのために重要なのが筋トレになります。

なにもボディビルダーのようにムキムキになることはありません。
筋肉をつけることで基礎代謝を上げ、体脂肪を落とす。

結果、内臓脂肪を減らすことになります。

メタボリック解消のカギ

さて、メタボリックシンドロームのことについてお話ししてきましたが、重要なのはダイエットをして内臓脂肪を減らしていく必要があるということです。

そのためには、どうせダイエットするならば最も効果的な方法でおこなってほしいと思っています。

そこで、メタボリックシンドロームを解消するためにも、食事を抜かさないダイエットを提唱したいのです。

なぜ、食事を抜くことがよくないのか、それも踏まえてお話ししていこうと思います。

メタボリックシンドロームとは

メタボリック(metabolic)は、直訳すると「代謝の」という意味の形容詞ですが、世間一般で言われているメタボリックとは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)のことになります。

内臓のまわりに脂肪(内臓脂肪)がたまって、さまざまな病気を引き起こす状態のことを言います。

メタボリックシンドロームはなぜ起こるのか?
それは現代の食生活と運動不足によって引き起こされた生活習慣病なのです。

日本における現状をお話しようと思います。

このページの先頭へ