脂肪を減らすインシュリンのコントロール

ではまず、インシュリンというもがどういうものかについてお話していきましょう。

筋肉をつけるため、また脂肪を減らすためにも、このインシュリンのコントロールは重要なカギとなります。

このコントロールを身につければ、インシュリンの感受性を高め、体がインシュリンを利用しやすくすることができるようになりますし、インシュリンの分泌がゆっくりな食べ物を食べることで減量効果が発揮できます。

インシュリンとは膵臓から分泌されるホルモンで、血糖値を一定に保つための働きをします。


インシュリンは常にごくわずかの量が分泌されていて、これを基礎分泌と呼ぶのですが、それに対して食事をして血液中にブドウ糖が流れ込んでくると、追加分泌がおこなわれます。

食事をすると血糖値が上がります。
そしてインシュリンが追加分泌されることによって、血糖値は一定のレベルまで下がるのです。

これはインシュリンが筋肉や肝臓、そして脂肪に糖分を送ることによって、血液中の糖分が減ってくるからです。

この糖分を送りこむという働きをインシュリンがおこなっているのですね。

それ以外にも、アミノ酸を筋肉に送りこむ働きも担っています。

この、糖分やアミノ酸を筋肉に送りこむ働きは、筋肉を強く大きくしていく上で非常に有利的に働きます。

また、脂肪にもインシュリンは働きかけます。
脂肪を分解する酵素の働きを邪魔して、脂肪を作る手助けをするのです。

インシュリンがあると、脂肪は合成されやすく、分解されにくいという状態になるのです。

まとめると、筋肉をつけたい場合には、インシュリンの働きを活発にし、減量したい場合にはインシュリンがあまり出てこないようにしなければならないのです。

このページの先頭へ