夏は脂肪が落ちにくい季節

夏は汗をたくさんかきますし、気温も高いために脂肪が落ちやすく思われがちですが、1年のうちで一番脂肪が落ちにくい、痩せにくい季節になります。

例えば、夏バテをして食事を摂ることができなくても、あまり痩せていくことはないはずです。

なぜ夏は痩せにくくなっているのかと言うと、基礎代謝が低下しているためです。

逆に基礎代謝が上がり、最も脂肪が落ちやすくなっているのは冬になります。

寒いために体は熱を作ろうとして、カロリーを消費していきます。
寒いと体がガチガチと震えたりするのはそのためですね。

汗はなかなかかきませんが、運動をすると大量の熱を作るためにエネルギーを使いやすく、カロリーをたくさん消費することになるのです。

逆に夏は汗をたくさんかきますが、これは体の水分が出ていくために、体重は減るかもしれませんが、その後水分を補給すればまた元に戻ります。

さらに気をつけておきたいのが、喉が乾いてしまうために清涼飲料水や甘いスポーツドリンクを摂ってしまいがちになること。

水分補給は水やお茶、甘くないスポーツドリンクで補うようにしましょう。
また、のどが渇いてからではなく、こまめに飲むようにすると良いです。

朝は食事をきちんと取り、水分補給をこまめにおこなって夏バテを防ぎ、果物などからビタミンやミネラルをしっかりと摂るようにしてください。

カッコイイ体作りは、健康な体を作ることです。
夏の暑さに負けない体作りをして、たくさん汗をかいてください。

おススメは辛い物を食べることです。
代謝も上がりますし、外気が涼しく感じます。

暑い国では唐辛子をたくさん使った料理も多いです。
そうやって暑さを乗り切る辛い食べ物は、文化になっているのですね。

人間には一生の間に太りやすい時期が3回ある

人間には、太りやすい時期というものがあります。
ただ単に、冬は太りやすいとか、運動しなくなったとかそういうことではなく、人間の細胞レベルでの問題です。

人間の体の脂肪細胞の数は、成人で200~300億個といわれています。

体内にある脂肪の量は、脂肪細胞に蓄えられている脂肪の総量になります。

運動もせず、食べたいものも我慢せずにやせる方法

運動もせず、食べたいものも我慢せずにやせる方法。

今回は肩の力を抜いてお気楽に読んでみてください。

やせるためには、摂取カロリー>消費カロリーであると、

ダイエットには、食事と運動で十分であると、お話ししてきましたが、

今回は運動も全くせず、食べたいものも我慢せずにやせるというお話です。

摂取カロリーと消費カロリーって何?

食べ物を取り入れた時に表される摂取カロリーと、運動などの行動した時に使われる消費カロリーの計算方法は全く違うため、一概に同じものとしては言えません。

今回はその計算方法を詳しくお話ししたいと思いますが、それを踏まえた上で、摂取カロリー>消費カロリーというのがダイエットの大前提であるというのは変わりません。

まずは食べ物のカロリーについてお話しします。

体脂肪はどうやって計るのか?

体重計で体脂肪を計ったことはあると思います。

自分の体脂肪率を見ていかがだったでしょうか?

平均で男性の場合30歳以上であれば、17~23%が平常とされていています。

体脂肪は、大きく分けて内臓脂肪と皮下脂肪に分類され、体脂肪率とは、体重に対して脂肪の占める割合のことです。

ハッキリいって、体重はあまり気にすることはありません。

このページの先頭へ